日本語教育能力検定試験に合格して日本語教師への夢へ近づこう
Listening&Speaking

日本語教育能力検定を取得し教育能力があることをアピールしよう

日本語教育能力検定試験に合格して日本語教師への夢へ近づこう

勉学

日本語教師はどのような場所で働けるか

日本語教師といっても形態はさまざまです。海外ボランティアでも日本語教師が必要とされる場面はたくさんありますし、国内外のいろいろな学校で常勤や非常勤の仕事があります。職場は小さな日本語教室から大きな学校まで幅広いです。

養成講座や専門の学校に通うのが早道

日本語教育能力検定試験を取得しないと日本語を教えることができないというわけではないですが、やはり就職する際は有利に働きます。しかし日本語教育能力検定試験は難関で合格率が2割ほどです。対策などをしっかりとしないとがむしゃらに勉強するだけでは合格が難しいので、日本語教育能力検定試験の養成講座専門の学校に通うのがよいでしょう。

日本語教師に年齢制限はない

日本語を教えるのにとくに年齢制限がある訳ではないので、定年退職後に日本語教育能力検定試験を受けて日本語教師になる人もいます。熱意があれば、いつからでも日本語教師になることができるのです。

広告募集中